スキンケアの常識、今と昔

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。

日々、丁寧なクレンジングと洗顔と保湿を心がけて努力してきたのですが、肌の潤いを保つのにもっとできることはないか自分のケアを見直すことにしました。

今まで洗顔フォームをたっぷり泡立てて洗っていたのですが、実はこれは効果がないのではないかという説が。


泡の弾力で肌にダメージを少なくするとか、キメの細かい泡をたてる事で毛穴の奥底の汚れを浮かせることができるとか、いろんなメディアで見た気がしたのですが、今や昔の常識みたいです。驚き。

たくさんの洗顔料で泡立てて洗うよりも、少ない洗顔料でやさしく洗顔するほうが肌に刺激少なく、美肌につながるそうです。

今まで必死に泡立てていたのに・・・。これからは、泡立てていた時間他のケアにまわしたいと思います。

あと、洗顔のあとオイル成分で保湿、ということも常識でしたが、実はオイルには保湿の効果がないことがわかったそうです。年齢肌で皮脂が不足することで肌が乾燥した人には保湿につながる事

はあるみたいですが、20〜40代くらいなら皮脂が足りているので、オイルを塗っても乾燥は改善しないのだそうです。

それならワセリンやセラミド入りの化粧水を使ったほうが潤うそう。

スキンケアの常識も日進月歩なんですね。

すっと昔に仕入れた知識が本当に正しいか、定期的に勉強する必要があります。日々努力ですね!