睡眠と美肌の関係

  • 投稿日:
  • by

肌の若さを保つためには化粧品によるスキンケアだけでなく、食事や睡眠もおろそかに出来ません。
特に、年齢を重ねるとターンオーバーも遅くなっていきますし、睡眠不足や食生活の乱れが肌に表れやすくなります。

食事の面ではやはりバランスよく食べることは大切ですが、睡眠も何時に寝るか。何時間寝るのか。質が大切と言われています。

肌の修復は血液の循環によって行われる部分が大きいそうなのですが、起きている間は脳に集中するために睡眠不足は肌への栄養不足を引き起こすことになります。

睡眠のゴールデンタイムという言葉を聞いた事があるでしょう。
夜10時~深夜2時までの間が睡眠のゴールデンタイムとされて肌にとって良い時間と言われています。
もちろんアンチエイジングにも良いでしょう。

しかし、何かと忙しい現代人にとってはこの時間にしっかり熟睡するのはなかなか難しいでしょう。

大人になると分泌が低下していく成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程度で分泌が盛んになると言われています。 
また、毎日の就寝時間は一定であるべきとも言われます。ベッドに入る時間が毎日バラバラだと体内時計が乱されて成長ホルモンの分泌に支障をきたす原因になるそうですから、健康と美容のためにも生活リズムと睡眠時間は最低でも6時間は確保するように心がけたいものです。